Profile

Gravityfree

djow(デジョー)と8g(エイジ)によるペインティングユニット。

“鎖に縛られない無重力な瞬間や感覚”をテーマに”LIVE”という概念の中で、音楽と共にGravityfreeのライブペイントは成長を遂げて来た。現場の空気感や音の流れを汲み、絵は絶え間なく変化を遂げる。音響的なペイントのグルーブ感は、共演したアーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、FUJI ROCKを始めとする日本の野外フェスティバルや音楽イベントでは欠かせない存在となり、現在もBandの様なフットワークで国内外での壁画制作やライブペイントツアーを行っている。

2008年、サンフランシスコのArt show”SIR”でのLive paintingや、ポートランドでのKEEN US主催 STAND FESTIVALに出演、アーティストホテルとして名高いACE HOTELの一室に壁画を残す。

2009年にはモンタナ州、ミズーラ市のガーデンシティローカルフェスティバルにてパフォーマンスを行い、ローカル各地で行ったShowでも大絶賛の評価を得る。

2010年、サンフランシスコはマーケットストリート沿いに壁画を制作。
カルフォルニア、オレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するツアー、ELEMENTS TOURに参加、5都市にてLive paintingを披露する。
ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント”ARThcamp”を静岡県富士宮市にて企画開催。

2011年、テネシー州、アメリカ最大のミュージック&アートフェス”bonnaroo”でLive paintingを披露。

2012年越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを公開。

2014年ボリビアツアー敢行、ウユニ塩湖にて作品を残す。

2015年エクアドルツアーを敢行、ガラパゴス諸島サンタクルス島の中心地となるサンフランシスコ広場に壁画を残す。

Live paint カルチャーと愛を全宇宙へと伝えるべく、Gravityfreeの壮大なペイントの旅は続く。

Gravityfree is painting unit, composed of djow and 8g.

“Living Painting is the LIVE, the LIVE, itself is the masterpiece.”, based on the concept, their painting mutate without a break with feeling atmosphere of the place, people and music.

Gravityfree’s Live Painting achieve with music in the concept of the “LIVE”, working it 80 times of a year. Their Groove of acoustically painting is almost indispensable in outdoor music festivals and music event commencing with Fuji Rock Festival, drawing much support from artist who co-starred with, and many audience. They embark on Live Painting tour as like band footwork at variety of stages of home and abroad.

2008, they livepainted at Art show “SIR” in San Francisco, appeared on “STAND Festival” in Portland, left behind mural at ACE HOTEL, well-known as Art Hotel.

2009, they were highly-praised local festival of Missoula, Montana, and other local shows in the United States.

2010, they painted mural at Market Street in San Francisco. They joined ELEMENTS TOUR, moving toward the north from California to Seattle, using bio diesel and vegee oil. They also project and organize “ARTh camp”, is camp event at Asagiri highland, Shizuoka, is anchored by ART and Workshop.

2011, they exhibited Live Painting at Music & Art Festival “bonnaroo” in the USA. 2012, they are creating “DEAI” for abandoned house project at Echigo-Tsumari Art Triennale 2012, Japan. Gravityfree’s majestic painting tour will continue to transmit LOVE & Live Painting culture toward the entire universe.

Biography

2001年

クラブイベント”FREE TRIBE”を皮切りに、関東圏のライブハウスやクラブシーンを中心に活動を開始、展開。

2002年~2007年

活動の場や音楽のジャンルを問わず、BANDやDJとのセッションライブペイント、 またPANTMIMEやTAP DANCEなど、様々なアーティストとのコラボレーションを積み重ね、影響しあい、まるで”BAND”の様な活動を経験する。壁画/造形物/イベントフライヤー/ポスター/CDなどのアートディレクションへと活動の場所を広げる傍ら、何百本もの”LIVE”という概念の中で、音楽とともにGravityfreeのライブペイントは成長をとげていく。音響的なペイントのグルーブ感は、共演したアーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、活動の場を大型野外フェスティバルへと広げる。

2008年

アメリカ・ツアーを敢行。サンフランシスコではART SHOW SIRに参加。ポートランドではKEEN US主催STAND FESTIVALに出演し、 アーティストホテルとして有名なACE HOTELの一室に壁画を残す。

2009年

モンタナ州、ミズーラ市で行われた、 Sustainable Business council主催のガーデンシティローカルフェスティバルにてパフォーマンスを行う。

2010年

2月、サンフランシスコのマーケットストリートで壁画を制作。
8月、活動家Seth Warrenによるカルフォルニアからオレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するElements Tourに参加。5都市にてLive paintingを披露する。
9月、ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント“ARThcamp”-Art with your life-を静岡県富士宮市にて空間工作人Bubb氏と企画開催。

2011年

6月、東日本大震災にともないアメリカのマンチェスター、ロサンゼルス、サンフランシスコの3都市でUS Charity Tourを敢行。
サンタフェ・ナチュラルタバコ・ジャパンの協力のもと、テネシー州マンチェスターで開催される”bonnaroo music & art festival 2011”にてライブペイントを披露。完成作品をサイレトオークションにて販売。ロサンゼルスではPinkcloud 、サンフランシスコではSIRの協力のもとチャリティイベントを開催し、全ての寄付金は宮城県石巻市にあるボランティアベースに寄付される。
9月、2度目となる“ARThcamp”-ENJOY! Love Life Earth- を静岡県富士宮市にて空間工作人Bubb氏と企画開催。

2012年

6月、越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)に、Bubb & Gravityfree with KEENで参加。新潟県津南町にある空き家をリノベーションしたインスタレーション作品、“DEAI”を制作。8月公開。

2013年

11月、3度目となる“ARThcamp”-DEAI-を新潟県津南町に場所を移し、空間工作人Bubb氏と企画開催。

2014年

3月、南米ボリビアツアーを敢行。ウユニ塩湖にある珊瑚島インカワシにてLive painting。ウユニ塩湖周辺にある塩で作られたホテル ルナ・サラダにてLive Painting。ウユニ市内の学校に壁画を制作。ラパスにあるギャラリー エスパシオ(現 blueberries cafe)にてLive Painting。すべての作品を現地に残す。
11月、4度目となる“ARThcamp”を新潟県津南町にて、空間工作人Bubb氏と企画開催。

2015年

3月、南米エクアドルツアーを敢行。キト市街地にあるレストランにてLive paintingを披露。ガラパゴス諸島サンタクルス島の中心地となるサンフランシスコ広場のステージバック、及び小学校の塀に壁画を制作。ボリビアに移動しウユニのホテル ルナ・サラダ、ラパスのblueberries cafeにて再びLive painingを行う。
6月、越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にBubb & Gravityfree with KEENで参加。新潟県津南町にある空き家をリノベーションしたインスタレーション作品、“DEAI”を引続き制作し8月に公開。

2001

After forming, they networked and spread out thought the Kanto Region and performed at live band houses and clubs starting with the club event, “Free Tribe”.

2002-2007

They experienced action as like “BAND”, in collaboration with a variety of artist, they influence and build off of each other, Live Painting with Musician, DJs, Pantomime artist, and tap dancers, regardless of the genre of music or the place.  Besides expanding their art work into the field of mural, formative art, event fliers, posters , and CD jackets, “Gravityfree” is progressing their painting concept “LIVE” several hundred times. Present the groove of acoustic paintings collaborating with many artists and their spectators, their field of performance expanded to include large-scale outdoor events.

2008

They crossed the pacific to San Francisco.  They even performed at KEEN Festival in Portland and a mural at “Ace Hotel” well known as artist Hotel in Portland.

2009

They preformed in Missoula, Montana, leaving local residents appreciative of their “LIVE” fusion of art and music.   They appear on KEEN & KEEN Japan commercials.

2010

February, they painted mural at Market St. in San Francisco.  August, Gravityfree joined the U.S. tour, called Elements Tour.  It was 3 weeks tour, performed at “Nature Day” event with Jules Verne Adventures, Event at Clif Bar headquarters, Pier 33 in San Francisco with Hornblower, evening fundraiser on the Hornblower Hybrid for the Sierra Nevada Alliance, street fair event with KEEN , Wend magazine , and Surfrider Foundation.  The tour mission is to expose people to the raw beauty of natural energy.

2011

June, Gravityfree performed Live Painting at bonnaroo music & art festival 2011.  After the bonnaroo2011, they performed Livepainting in LA and SF.  This tour purpose is all for fund raising for the victims of disaster in Japan 3.11.